こい石鯛!アラ?釣れない??

満瀬①

日時:2008/7/23(水) 2:00~12:00
投稿者:栗坊
釣り場:生月・満瀬

今日はナベさん、波多江さんとアラ・石鯛を狙って情報では
好調な生月・満瀬へ釣行した。
意気揚々とアラと石鯛のエサを購入し早速短い夜釣りを開始。
傍らではナベさんがエギでおいしそうなヤリイカを釣り上げ
なんと惜しげもなくアラのエサとして使用している。

当たりはポツポツあるのだが食い込むことは無く、サバが
半分になったりかじられたりといった感じ。
ドキドキ間はあるのでだが竿が突っ込んでくれない。
夜明けが近くなると今度は雷雨が襲ってきた。
こんな独立した磯では逃げ場も無く、ただただ自然の凄さ
にひれ伏すのみであった。
雷がおちんでよかった。(怖かった!!)

昼になり石鯛釣り開始。
当たりは出ずにガゼが無くなる・・・・・
たまに当たりもあるのだが小さい。。。。ガツーンとこないかなぁ・・
満瀬⑤

満瀬は大雑把に3つの瀬が隣接している。
その1つが空いたので、波多江さんが瀬変わり。
目の間に青物(シイラは確認しましたまだ別の魚もいるのでは?)が
うようよ泳いでいる。ルアーを持って来なかったことが
悔やまれる。次回はきっと!

満瀬②

満瀬③

満瀬④

時間は無常にも過ぎ去りボーズのまま納竿。
しかし納竿1時間前に瀬際に2匹のギンワサを発見。
”居る事はいるんだなぁ”きっと次回の楽しみと思い、生月を後にした。
スポンサーサイト
2008-07-25(Fri)
 

近場でキス釣り釣行

福吉海岸

日時:2008/7/21(日) 10:00~16:00
投稿者:栗坊
釣り場:深江・福吉海岸

今日はサーフに詳しい若手に同行し、キス釣りのイロハを
習うこととした。
JapanCup(サーフ)でも2回戦にコマを進め、実力的にも
期待ができそう!

フィッシングKでエサ(岩デコ)と仕掛け(5本キス専用仕掛けが
ちゃーんと売っている。さすが!)
深江海岸につくと海水浴客の合間からの投げ釣りとなった。
なんと開始早々、連荘モード。
”こ、こんなに釣れると~♪”と思うほど次から次に掛ける。
いつも彼は一日に百は釣って帰る。
まるで船釣りのようだ。

連荘①
連荘②
連荘③


ポイントも砂浜でもかけ上がりを知っているしハリもキス用で
掛かり重視のものを使っている。
また投げる距離も半端では無く、160m(ラインが出た距離)を
投げてくれたときは遥か彼方に錘が着水した。

そんななかで僕のボロ竿・仕掛けもちょっとした手ほどきで
まずまず釣れて来る。
連荘もあるから楽しい。
ちなみに自分の手作り仕掛けではハリが大きすぎて
Kで購入した5本仕掛けの方が優秀であった。(汗)

連荘④

次男にも連荘!またヒラメやネリゴの外道に大喜び。
結局2人で50枚を越える釣果となり大満足の釣果を
上げる事ができた。

ヒラメ
ネリゴだじょ

次回はもっと工夫して、近場&安価でこんな短い時間でも
充分遊べるキス釣りで大量を飾りたいと思います!!
キス釣果
2008-07-24(Thu)
 

秘蔵の一枚

名人対戦

名人の対戦模様です。
気軽にこんな楽しい写真を撮らせてくれるお二人は正真正銘名人です。
2008-07-23(Wed)
 

反省ばかりの1回戦。。。

反省


日時:2008/7/13(日) 4:00~13:00
投稿者:栗坊
釣り場:野崎・一ツ瀬

リヴァーレ1回戦・2試合目を五島・野崎島で行った。
相手は大ベテラン・藤木さん。
もしまぐれでも勝てたら、きっと宙にも浮かぶようだろうなぁ?
といやらしい想像をいだきながら、藤木さんと同カードの
ナベさんと3人で楽しい釣行の始まりです。

行きの車中では土砂降り&雷に見舞われたものの瀬渡し時には
雨もやみ、目指すは釣れてる情報が流れてきた一ツ瀬へ向かった。

瀬は貸切状態。1試合目はナベさんと藤木さんに名人の戦いを
見学させてもらい2試合目に藤木さんと私の対戦としてもらった。
名人戦①


1試合目が始まる。両名人の真剣な表情が伺える。
前評判とは異なり、なかなかクロが釣れない。
マキエが効いてコッパが釣れだすもなかなか型がでない。
藤木さん①

ナベさん①


両名人の釣りをチラ見しながら、それぞれ仕掛けを色々試されていることが
伺える。
それよりも闘志がメラメラと伝わってくる。
そうこうしていると検量サイズがちらほら掛かりだし、勝負の行方は
いったい。。。
ナベさんはタイドプール(といってもマキエの汁で濁っている水溜り・・)に
キープサイズを投げ込み、1秒も無駄にしない釣りを展開している。
藤木さんも、ポイントの絞込みやクロの気配を一生懸命探っている気迫が
伺える。
そんな熱い試合だけにすぐに時間は過ぎ、検量の時間。
藤木さん②

ナベさん③


なんと検量の結果は両者2匹550gで同点!
長寸で藤木さんに分があったようだ。
ナベさん④


続く2試合目、じゃんけんで勝って優先権の磯に入る。
先ほど試し釣りでクロが釣れているだけに期待大。
期待通り糸を弾きクロらしきあたり!
と、ところがなんと高切れ。。。
”な、なんで”特にひっかかった覚えはないのに。。。
まるで何かに取り付かれたよう。。
気を取り直し数投目、30クラスが来た。
何とか前半に少しでも追加したかったのだが、釣れるのは25cm弱・・
結局後半に入り、以前波多江さんとも釣った思い出の本流からのクロ狙い。
しかし、確かに釣れるが全て25cm未満。。。

この流れにこだわりすぎたのか時間はあっという間に過ぎ検量時間となった。
すると、、、、”ががーーん”。藤木さんの釣果にビックリ。
クロがわんさか。。結局7匹(3kg超え)対2匹(1kg未満)で
ボロ負け。
負けた

藤木さんに今日の対戦の釣り方を教わり、残りの時間は反省と
復習の時間。

残り1時間を切ったころ、ナベさんの「でっかい尾長が浮いてますよ~」
なんと水面下(50cmぐらい?)にゆーらゆら。
2号にハリスを変えて投入するとナベさんに”ぎゅーーーーーん”
やりっぱなし引かれてぶちっ。
そして私にも来たが、やり取り中に飲み込まれたのか
ハリのすぐ上からぶちきられてしまった。
道糸、ハリスを上げてやってみる。
二人で”ぶちっ”もしくはイスズミ(45cmぐらい)がかかっただけで
ハリスを切っていったやつの姿を見ることはできなかった。


最後に良い思い出を残してくれた五島に感謝しつつ岐路についた。
負けて勉強ばかりだが、やはりベテランの方の釣技は目に見張るものが
ある。クロ釣り王者の釣り大会では日頃一緒に竿を出したい名手の
方とこんなに身近な目線で対戦ができる、まるで夢のような環境だと
思った。

負けて悔しいけど、もっと何で負けたかをしっかりと自分に
叩き込んで少しでも名手の方に近づけるように頑張りたいと
思う。
2008-07-15(Tue)
 
プロフィール

チームリヴァーレ・栗坊

Author:チームリヴァーレ・栗坊
ようこそいらっしゃいました。
チーム・リヴァーレで釣りの技術向上のため頑張っていますが・・

最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード