釣春秋主催 石鯛釣り大会参戦!

石鯛大会2009_3

日時:2009/10/18(水)
投稿者:栗坊
釣り場:五島 倉島

釣春秋さんが主催する石鯛釣り大会に参加した。

メンバーは浦島太郎からナベさん塚本さん中野君中村君と僕。

会社をそうそうに帰らせてもらい、いそいそとみんなと合流。

エサはガンガゼ・バフン・サザエを準備。

受付を済ませサムソンで五島に出発。中村君と二人、倉島の北側の磯に

瀬上がりした。

夜明けまで、まずはお決まりのエギを投げ、潮の流れとイカの活性を確認。

思ったより潮の流れがありエギの操作になれたところでずっしりと

イカの手ごたえ。

リールのドラグが逆回転し良型のイカの重みが伝わってきた。

中村君の差し出すタモに入ったのはキロオーバーのイカ!

これまで釣った中で一番大きそう♪

石鯛大会2009_1

その後、ちょっとだけアラ釣りを開始。

エサはアジとキビナゴ。

本命ではなさそうだがアタリがポツポツありなかなか楽しませてくれる。

キビナゴを投入するとアタリがあり微妙な重さを引き上げると良型の

アラカブが掛かっていた。

美味しそうなので♪クーラにシュート!

石鯛大会2009_2


夜が明け石鯛釣りを開始。アタリは渋くエサもほとんど取られない。

船が8:00ごろ見回りに来たが干潮は10:00過ぎ。これから良くなる事を

期待し、同じポイントで粘る。

石鯛大会2009_5


石鯛大会2009_4

サザエは魚の活性があり期待して手持ちで攻める。

手に魚のアタリを感じているとグイーンと入るではありませんか!

”がんっ”と合わせると魚の重みはあるが軽い。。。。

石鯛大会2009_6


犯人は”ハマフエ”。残念。

またその後も手持ちの竿に合わせが決まった。

こちらも軽い手ごたえでアラカブ君が釣れた。

いつも置き竿に魚が掛かることが多く、本命ではなかったが手持ちで

魚を掛けれた事は収穫であった。

石鯛大会2009_7


その後アタリも遠く、残念ながらボウズで幕を閉じてしまった。

サムソンホテルに参加者は集まり立派な料理を食べながら抽選会と

表彰式となった。

僕は抽選会でワインをいただき、後に中村君のタックルバッグと交換しホクホク顔で

帰路に着いた。
スポンサーサイト
2009-10-29(Thu)
 

グレマス参加資格届きました♪

グレマス2009

ダイワグレマスターズの参加資格証が届きました。

確か前回は外れて指をくわえていたと思います。

せっかく得た出場権ですので全力で頑張りたいと思います。

来週は釣春秋さんの石鯛釣り大会に出場します。

大会が続きますので少しでも良い成績が残せるように頑張らんとです!!
2009-10-22(Thu)
 

クロ釣り王者2回戦

2回戦_3

日時:2009/10/14(水)
投稿者:栗坊
釣り場:米納津 横島・平瀬

波多江さん、川尻君と3人でクロ釣り王者2回戦を横島・平瀬で行った。


情報では米納津でもクロがぼちぼち釣れ始めたらしい。


今回は千代丸さんに横島・平瀬に渡してもらった。

2回戦_4

2回戦_5


すぐ横手にはあの有名な3番と4番があり、あそこまで流せば。。などど横島な


考えで釣り開始。


夜が明けるまでエギの開始。すぐさま波多江さんが水イカをGetし、僕もすぐ隣のポイントに入れてもらった。


ぼちぼち小型ながらイカがHitし、久々に釣ったイカにすっかりご機嫌となった。

2回戦_1


初戦は波多江さんvs川尻君で、僕は邪魔にならないようにウキやマキエの調整を


行った。


コッパグロやお土産のカワハギをGetし準備は万端。


二人の状況を見るとクロが結構釣れており指を加えて眺めていた。


1試合目の試合は波多江さんが大差で勝ち、層の厚さに脱帽。


2回戦_2

2回戦_6

2試合目は川尻君と私の対戦。


川尻君との対戦は初めてだったが、気がふれた仲間だけにお互い気持ちよく釣り開始。


いざ釣り始めるとあたりは遠くなかなかクロが釣れてくれない。


川尻君も状況は似ているらしく当たりはないようだ。


流れが良くなりチャンス?と思ったその後居食いしていたようでウキ回収時に


突然すごい引きが襲ってきた。


数度の締め込みはかわしたものの痛恨のラインブレイク。


ラインやハリが小さいためにやり取りが消極的になっていたようだ。


さらに後半、今度は川尻君に大当たり。しかし残念ながらこれもばらしてしまった。


残り時間数分といったところで僕に大当たりが来たがハリがすっぽ抜けとなってしまった。
(しょぼ・・・・涙)


結果はドローで最終戦の波多江さんに挑む。


ここでもし勝てば2回戦は突破ということもあり気合を入れて試合開始。


先ほどのバラシを反省し、ハリスを1.2から1.5に、ハリを3号から4号に


変えたが、当たりが全く無くなってしまった。


試合中に波多江さんが”はちーーーーーー!!”と大声で逃げ回っている。


どうやら大きく真黄色なハチがマキエを食いにきているようだ。


竿が出せない波多江さんを見て、”これはチャンス?”と思いつつ


ハチが遠のきポイントに戻った波多江さんがすぐに竿を投げ出しまたもや


逃げ回っている。と、ところが、なんと次の瞬間投げ出した竿にクロが、、、、、、


なんとこの1枚が対戦の決定打となり1対0で負けてしまった。

2回戦_7


まさに”泣きっ面にハチ”である。


その後は試合の反省も踏まえ、竿を出したがたいした釣果も出せず納竿となってしまった。


今回の対戦では2試合を通して大変勉強になりました。


米納津のつり方(細仕掛けと取り込みの重要性)や波多江さんの果敢な攻め。


川尻君の釣りに対する真摯な気持ち。来週のジャパンカップ(米納津)に出場するらしいので


是非突破してほしいものだ。

2回戦_8

2回戦_9


僕もみんなを見習ってもっともっと腕を磨かないとなぁ。
2009-10-15(Thu)
 

恐るべしインフル。。

10/4の日曜日から長男がインフルエンザで寝込んでしまった。

僕の会社は家族がインフルにかかると自宅待機になります。

10/7は波多江さんと川尻君とで2回戦を予定していたが台風で延期となってしまった。

10/14に日程を決めたが、ここに来てうちも嫁さんにうつってしまった。

さらに波多江さんもインフルに。。。。。

2回戦の日程も脅かし新型インフルは本当にひどい病気です。

ちなみに長男(中2)は高熱(40度越え)、嫁は37~38度、波多江さんも嫁さん同様に

高熱ではないそうです。

みなさんも熱が高くないからといって安心しないように!

また病院ではA型か?の調査を行い、A型なら新型とみなされます。
2009-10-08(Thu)
 
プロフィール

チームリヴァーレ・栗坊

Author:チームリヴァーレ・栗坊
ようこそいらっしゃいました。
チーム・リヴァーレで釣りの技術向上のため頑張っていますが・・

最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード