スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

シマノ・セミファイナル出場②

セミ3

民宿でしっかりと睡眠を取りいよいよ出発です。

忘れ物が無いか良く確認し、ゼッケンを引きます。

セミ1

私の番号は27番、同じ船には的野君、そして

もうひと船には波多江さんと川尻君となりました。

さて対戦ですが、1回戦は北九州の柴村さんと

いう方です。
セミ2

場所は女郎崎あたりのようです。

開始早々潮はほとんど動かずエサ取りだらけのようです。

前日の釣行と似た感じだったのでマキエワークと

投入点の工夫などにより何とかクロを狙いたいところです。

しばらくするとウキが消し込みピシャリ合わせが

入りますが手のひらクロでサイズが足りません。

さらに粘るとまたクロが釣れましたが微妙なサイズ。。

活かしバッカンのスケールで図ると丁度25cm(汗)

たぶん死ぬと縮むだろうと思いつつサイズアップを狙う。

しかしそれからはさらにエサトリの猛攻に合いクロが

釣れません。対戦相手も同様に四苦八苦しています。

後半に入り、さらに潮が止まりどうすることもできず

タイムアップ。対戦者もノーフィッシュ。

先ほどの魚に賭けます。

次は宇土島での対戦となりました。

セミ4

昨日上がった瀬の隣です。

対戦相手は沖縄の方で1回戦は負けてしまったとか。

良い釣果を期待しつつ試合開始。

このころから雨が降り出します。

カッパは上だけ着てしのぐこととしました。

次第に靴までぐっしょり。おまけにクロは釣れてくれません。

潮は若干流れるもののエサトリもかなりの数がいるようですが

とにかく釣れません。

手のひらクロは何とか釣り上げましたが規定サイズには

到底及びません。

後半戦に入り、潮が変わり対戦者に潮が流れ込みます。

すると30オーバーのクロが対戦者に掛かりついに

やられてしまいました。

港に帰ると的野君も川尻君も芳しくないようでそんななか

ただ一人、波多江さんが沢山のクロを検量しています。

セミ5

2勝を勝ち取り、接戦を勝ち抜けたようです。

ちなみに私のクロはやはり規定サイズに足りずノーフィッシュと

なってしまいました。

さて表彰式が始まりましたが2勝した波多江さんは

なんと10位で予選落ち・・・・

ルールとはいえ厳しい結果でした。


今回のセミを振り返り、同じ条件で波多江さんは

2戦とも釣果を上げておりこの厳しい中で

釣果を上げる技術がないと勝ち上がれないことを

痛感しました。

まぐれやくじ運だけではここから先はなさそうです。

またいつもの釣りを通してクロをもっと上手く

釣りきる技術を磨きたいと思います。
セミ6
スポンサーサイト
2012-10-30(Tue)
 

シマノ・セミファイナル出場①

試し釣り4

10/27 鶴見にてシマノセミファイナルが

行われました。

運よくセミへの切符を手に入れたため出場することが

できましたが残念ながら全国への道はまだまだ

ほど遠いものとなりました。

今回はその様子をブログに綴りたいと思います。

またこの場をお借りしまして応援メッセージや

励ましのお言葉を掛けていただいた皆様、本当に

ありがとうございました。


さてセミファイナルは前日のお試し釣行から

始まります。

波多江さん、的野君と私の三人で事前に状況を

確認します。

初めに的野君と二人で宇土島に瀬上がりします。
(瀬や場所の名前が間違っていたらごめんなさい)

磯際は浅く沈み瀬も点々としており魚がいかにも

住みやすそうな場所です。

マキエを利かせ仕掛けを投入するとすぐに反応が

現れカワハギやベラなど色々な魚が釣り上がります。

そしてついにウキが消し込み”クロか?”と思いきや

釣れたのはサンバソウ!!美味しそうなのでお持ち帰り

です。

またまたウキに当りがでて今度こそ本命のようです。

30クラスですが、尾長が釣れました。

その後も足の裏サイズを仕留め数は少ないものの

感触を味わうことができました。

さてここで船長が瀬替わりさせてくれます。

試し釣り2

試し釣り3

次は白崎(?かな)あたりに瀬替わりします。

両肘を痛めているので今日はスローペースで

クロを狙っていきます。

試し釣り1

当たりは少ないもののここで的野君の竿が大きく弧を

描きます。

試し釣り5

試し釣り6

やり取りの末、40後半の良型グロが釣れました。
(釣り具屋さんの検量47cm)


湾内の静かなポイントでこんな良型が釣れるなんて

なんともビックリです。

釣りは午後1時に終了し明日に備えます。

また雨に降られ、その中で明日の準備も行います。

試し釣り7

試し釣り8

どろどろの服を着替え、立ち寄りの湯に入り

ビールやおつまみ、そして”モモの唐揚げ”を買い込み

民宿に泊まりました。

事前の釣行で大まかな状況と釣り具の忘れ物が

無いか?等のチェックが出来ました。

後は明日自分の力を出し切るだけです。

気づいてみれば5時過ぎには眠りに付いた私でした。
2012-10-28(Sun)
 

尾上島釣行

2012/10/17にシマノセミファイナルの練習を

兼ねて宮の浦に釣行しました。

今日は波多江さんと一緒の釣行です。

セミの前に一緒に竿出しできるとは本当に

心強いことです。

尾上の西に瀬上がりし夜明けを待ちます。

南よりのポイントに私、そして西のポイントに

波多江さんが入ります。

潮は良い感じに南方面に流れいかにもクロが

食ってきそう!

予想に反しエサは取られますが何も釣れません。

やっと釣れたのはキタマクラ・・

ポイントを縦横探り、また水深の調整その他魚を

探ります。

また雨もしとしと降り思ったようにいきません。

そんな中波多江さんの竿が曲がっています。

どうやらクロが釣れたようです。

これを見て私の仕掛けが上手くいっていないのでは?

仕掛けの入り具合はまずまずだし、周囲のポイントの反応から

そう判断しました。

効き目がありそうなハリからいじります。

6号から4号に落とし釣り開始。

なんとすぐに反応があり足の裏クロ(尾長)が釣れました。

もちろんマキエが利いてきたのもあったかとは思いますが。。

20121017_宮の浦2

クロを釣っていて食いが落ちると写真のような波多江さんの

ポーズをよく見ます。

これは状況に応じて仕掛けに手を入れているようです。

20121017_宮の浦1

(ぱっとみエサを付けているようにみえますよね!
しかも早いんです)

帰りの車で「今日の仕掛けは何を使いましたか?」という

質問をするのですが、”色々やっているからなぁ”という

返事も聞きます。

魚の反応にアンテナを張らせ状況に応じて仕掛けや釣り方を

合わせているのだと思います。

いつもながら脱帽です。同時にセミでは対戦相手に当たりませんように!


それからはコンスタントに25~30前後の尾長クロが釣れ続け

久々の尾長釣りに没頭します。

しかしここで問題発生です。

実は半年前頃から両方の肘が痛く、上手く竿が操作できません。

尾長に優先権を取られ何度もばらしてしまいました。

それなりにできる範囲で尾長を釣り上げ、今日の釣行を

終えました。


さて港に帰るとこれまたニコニコ顔のデッパ平塚さんが

待っているではないですか!

20121017_宮の浦4

約2.5kgの本イシとガキを釣り上げ素晴らしい釣果です。

底物も楽しそうですね~!

20121017_宮の浦3

底物、上物まさに秋磯全開って感じですね!!

さぁ!いよいよセミファイナルがそこまでやってきました。

悔いがないように準備をやりましょう!!

20121017_宮の浦5
2012-10-18(Thu)
 

平戸釣行その2

平戸釣行ではその他の魚種も釣れました。

とくにヘダイはデカいのがいるそうです。

イスズミ君はハリを外すのに手間取って

ブリブ○ブリブ○とやられてしまいました。。

20121007_fish1

20121007_fish2

20121007_fish3

20121007_fish4
2012-10-11(Thu)
 

平戸釣行

20121007_2

今日はまたもや平戸に安上がりな陸行釣行に次男と

出かけました。

前回は長男とさまざまな釣果に恵まれました。

次男がその話を聞いて燃えています!

夜明けと共に釣り開始。

開始早々良い感じ!で早速良型の当たりが私に来ました!

手前に根が張り出しているため強引に上げなければ

いけません。

が、しかし気持ちが負けていました。

思わず糸を出してしまい潜られ取り逃がしてしまいました。

大反省です。

さて気を取り直し、次の当たりが1時間も過ぎずに

やってきました。

ぐいっと巻き取り何があってもぐいぐい巻き込み

上げってきたのは43cmのチヌでした。

20121007_1

今日は次男とチヌ&クロの長寸勝負をしています。

勝てばアンマをしてくれ、負ければマンガを買ってあげなければ

いけません。

”あっ~肩がこったなぁ”と次男に声を掛けて

楽しい釣りが続きます。

バリ、カワハギ、その他いろいろな魚たちが楽しませてくれます。

20121007_3

20121007_4

ふと後ろから声を掛けてくれる釣り師がいらっしゃいました。

なんと同じ浦島太郎クラブの大塚さんです。

20121007_5

目の前の防波堤でメイタを多数釣られています。

20121007_6

さぁマキエも残り半分、昼に差し掛かりました。

ここでたかひろ(次男)の竿が大きく曲がっています。

実はこれまで2回ばらしており、リールをゴリマキしています。

良く見るとデカいチヌが掛かっており、手前のハエネも

交わし勝負は付きました。

見るからに40オーバーで、長寸45cm。

たかひろの記録魚となりました。

20121007_7

さてこのままでは負けてしまいます。

しかし掛かるのはバリ・ヘダイ・・・・

最後まで頑張りましたが・・・

20121007_8

一方たかひろは群がるボラを狙い竿が面白いほど

曲がっています。

ボラもこれまた良い型で53cm!

20121007_9

横で見ていましたが面白そうでした(^_^)

納竿後、今日の釣りを振り返りながら

負けた私は子供に負けの代償を取られました・・

負けましたがちょっとうれしい一日でした。

20121007_10
2012-10-08(Mon)
 

カマされた・・・

週末は長男と糸島にカマスを狙いに出かけました。

台風の余波を受けにくい防波堤を巡り、カマスサビキや

ジグ、ワームを投げます。

時折、別の魚が掛かりますが本命のカマスはどこへやら。。

ワームは非常に小さなものでアジング用を使用しました。

このワームはフグにかじられすぐに短くなってしまいます。

本来ならばカマスを釣って一夜干しを作り、冷凍庫で保管して

小出しに食べてはビール・焼酎のお供に!と考えていましたが

カマされました。

また釣れてる情報を集めてリベンジしたいと思います。
2012-10-03(Wed)
 
プロフィール

チームリヴァーレ・栗坊

Author:チームリヴァーレ・栗坊
ようこそいらっしゃいました。
チーム・リヴァーレで釣りの技術向上のため頑張っていますが・・

最近のトラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。